スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

三宅島の光と風を感じる~ギャラリーカフェCanon

雄山からの朝陽を感じ、小鳥たちのさえずりと緑に包まれた空気の中で、
ひとつひとつ丁寧にパンやお菓子を作っています。
アシタバなど島の素材を活かしたものもあります。

珈琲豆にもこだわっております。
挽きたてのコクと香りを味わってください。

木のぬくもりが感じられる心地よい空間の中で、
島の風や光を感じ、島の自然の恵みを活かした日替わりスイーツを楽しみながら、
夕暮れのやすらぎと癒しのひとときをギャラリーカフェ・カノンでお過ごしください。
CafeOut.jpg

ここギャラリーカフェCanonは、島に美術教師として移り住んでから30年以上、島の風景を描き続けてきた穴原甲一郎の長年の夢だったアトリエ兼ギャラリーを建てるという構想から始まりました。

ギャラリーのスペースをコーヒーやスイーツを味わえるカフェの空間にしたいと、幼いころからお菓子作りが好きだった娘たちが考え、家族の夢をコラボレーションさせたギャラリーカフェとして2010年に完成。
2010年6月からギャラリーカフェCanonとしてOPENしました。

Canonとは、甲一郎の作品のコンセプトです。>>詳しくはこちら

父・甲一郎はテングサという海草の潜り漁師でもあり、三宅島の海から採れる天然の上質なテングサで作るところてんや、ところてんをアレンジしたスイーツなどのメニューも展開しております。
そのほかにも、伊豆諸島特産のアシタバは漢字で「明日葉」と書くように、“今日摘んでも明日には葉を出す”というほど生命力が強く、健康にも良い野菜です。そのアシタバを生地に練り込んだ手作りパンやクッキーピザを作っています。

母と娘はネイチャーガイドとして、島の自然の魅力を伝えていくこともしております。

これからも家族で三宅島の魅力を、様々な形で発信していければと思っております。

Miyake図1


2020.04.20 | コメント(0) | トラックバック(0) | About Us

«  | ホーム |  »

FC2Ad

MENU

営業時間

11:00~16:00  定休日:月・木・日曜 (時期によって変動します)

canon38k

Author:canon38k
ギャラリーカフェCanon
三宅島三宅村伊豆36
TEL/FAX:04994-2-1239

Facebook

Twitter

検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。